Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ごはん

ナシゴレン





晩御飯は、ナシゴレン。

すっかりこの存在を忘れてましたが、お友達のBlogで

思い出し、無印良品の炒めるときに混ぜるソースで作りました。

このシリーズは、ビビンバもなかなか美味しい。



作り置きしてる「ささみにんにくしょうゆ」を焼いて添えました。







スーパーに寄ったら、セロリが2本100円だったため、

急遽サラダの予定をやめて、セロリの浅漬けを作りました。



作り方はこちら
居酒屋風のセロリ漬け♪



<材料>

セロリ 二本

塩 小さじ1/2

 *だし汁 カップ1/2

 *酢 大さじ4

 *砂糖 小さじ1/2

 *しょうゆ 小さじ1





<作り方>

?

セロリは、筋を丁寧に取ります。

長さ3cm、幅1cm程度に切ります。

ボールに入れて塩をふり、もんでおきます。



?

*の調味料を合わせておきます。

?を加えて、ファスナー付きのビニール袋などに

入れて冷蔵庫へ。3〜4時間後ぐらいから食べられます。





調味料は、お好みで加減。
  • 2006.07.04 Tuesday
  • 22:59

-

スポンサーサイト

  • 2012.05.26 Saturday
  • 22:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
ふふ、ナシゴレン発見( ̄m ̄)
無印のビビンバ、美味しいんだ〜!買ってみるわ♪
セロリの浅漬けにもチャレンジしてみる!
オトナの階段のぼっているのよ〜、これでもw
>sueちゃん
作る!って宣言した日、冷蔵庫あけたら
うっかりお豆腐が賞味期限でナシゴレン作れなかったんだ〜。
やっと作った(-m-)ぷぷっ
セロリおいしいよ〜。
ガンバ!(*゜ー゜)ノ"☆/;^-^)ノベシャッ
まだ1本あるので、今日は違うお友達の
セロリレシピ参考にしてみようと思います。
  • ジュン
  • 2006/07/05 1:53 PM
無印、里帰りしたらさっそくチェック!
junさんは美味しいモノを見つけるのが
上手ですね!

本日Solde開始。今夜のサッカ-観戦よりも
マダム達は熱くなるに違いない。
  • tls(nao)
  • 2006/07/05 1:53 PM
(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん
無印のソースって種類豊富で便利だよね!
ナシゴレンって辛いやつだよね??
どっかで食べた事あるような無いような(笑)
ササミも美味しそうだわ〜♪

セロリ私も昨日作って食べたよ〜(´▽`)
忘れてて半日ぐらいつけちゃってたから
酸っぱかったけどサッパリしてて美味しかった!
お酢系が大好きな旦那にも好評だったし
食卓の常連になりそうだわ〜
評価は ☆☆☆ ←星3つ(*≧m≦*)ププッ

教えてくれて〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーー♪
  • aiko
  • 2006/07/05 11:41 PM
>naoちゃん
フランスまた勝ちましたね!
決勝戦もりあがるんだろうな〜。
無印、なかなか侮れないですよね。
お花の仕事してるときに、ダンナさんでも最後の仕上げが
自分で出来るメニューを探していたときにみつけました。
最近作ってなかったんですが、ぜひ、帰国の際には
お試しあれ〜。

>aikoちゃん
ナシゴレンは、甘辛なのよ〜。でも辛い感じではないなぁ。
インドネシア料理でバリとかにいくと定番みたいです。
セロリ試してくれたのね〜!ありがとう♪(*´∀`人)
私も、京都のお酢でやったらすこしいつもより
酸っぱかった感じだったので、量調整しようかと。
お醤油たらりと入れてもおいしいかもね〜
☆☆☆星3つ、ありがとう〜( ̄▽ ̄) ニヤ

私はaikoちゃんレシピを作ったよ〜。
でも、やっぱりaikoちゃんの方が美味しそうにみえるわ〜
炒め加減とかも。
糸とうがらしも手に入らなかったので、なにも載せてないし。
(-m-)ぷぷっ 今度専門店で探そうっと。
  • ジュン
  • 2006/07/06 11:14 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback